So-net無料ブログ作成
検索選択

the100シーズン3第6話「奇跡の鍵」の視聴感想 [シーズン3各話の視聴感想]

the100シーズン3第6話「奇跡の鍵」の視聴感想です。
※ネタバレしています。
ロアンはちゃんと王様として国民に受け入れられているようですね。

マウント・ウェザーが爆破されてずいぶん経ちましたが、裏で糸を引いていた人物がロアンによって引き渡されました。

マウンテン・マン最後の生き残りはエマーソンで、聞いたことありますが思い出せません。

誰でしたっけ?

マウント・ウェザーの爆破コードをしていたからそれなりの地位にいたのだろうけど、名前を聞いたことがあるくらいにしか思い出せません。



クラークはレクサに血で血を洗わないよう説得したのに、エマーソンは処刑するよういうんですね。

レクサは困惑しているようにも見えましたが、タイタスは人が復讐を望むのは自然なことみたいなことを言っていました。

そしてタイタスはクラークにレクサに復讐をさせるよう説得を試みましたが、クラークは拒否しました。

自分の仲間を攻撃しろとは言えないと。

パイクたちはクラークのことをすっかり忘れているように見えますし、もう仲間と思っていないでしょう。

それはきっとクラークも理解していると思いますが、それでも彼らを仲間と呼ぶんですね。



エマーソン処刑の時、クラークは処刑を拒否、レクサはその姿に魅了されているように見えました。

タイタスはクラークを睨みつけていましたが。

今回タイタスはよく動きましたね。

何か企んでいるのでしょうか?

エマーソンを処刑しないと決めたクラークに、新しい未来を示しているとレクサは演説していましたが、グラウンダーたちはどう思ったでしょう?



パイクたちは自分たちの領地を広げるためにグラウンダーの村を襲撃する計画を練り、察知したケインがオクタヴィアに知らせます。

オクタヴィアはグラウンダーの村へ行き襲撃を知らせ、グラウンダーたちは非難するも罠を仕掛け尚且つオクタヴィアを捕らえました。

仲間を助けてくれたオクタヴィアに対してひどい仕打ちだと思うけど、それしか知らないから仕方がないとも思えなくもない。

仲間以外はぞんざいに扱ってよしというのがこの世界の常識なのでしょうか?

常識は生まれてから今までに植え付けられた先入観らしいですが、それに気づかないとずっと同じことをしてしまうし、そういう教育をしてしまいますよね。

まあ過酷な環境で生き続けてきたのだから攻撃的なのは当然といえば当然ですけど。



モンティの母ハンナは幹部のような働きをしていますが、モンティはどう思っているのでしょう?

時折見せる笑顔が怖いです。



レイヴンがジャハ側についたためか、ジャハは集まった人々に次々とチップを飲み込ませていきます。

まあレイヴンの様子を見たら自分もと思う人もいるだろうけど、怖いと思わないのでしょうか?

ジャスパーは興味を示している様子でしたが、アビーが制止しましたね。

レイヴンやジャスパーを気にかけるのはクラークの友達だからでしょうか?

アビーは確認もせずにウェルズに渡さないだろうとチップの調査することを告げた時、ジャハはウェルズが誰かわからなかったようですね。

アリーが息子だと教えた時、ジャハは「そうか」と言っていました。

あの「そうか」は思い出したというより、息子がいたのかという感じでしたね。

あれを見てアビーだけではなく一緒にいたジャスパーも違和感を覚えたようでした。

それでもジャスパーはチップを欲しがりましたね。

アビーが禁止したからでしょうか?

それとも忘れられるからでしょうか?



アビーはチップを調べ終わるまで配るのは禁止だとチップを没収しましたが、まさかジャクソンがチップを飲み込んでいいたとは思いませんでした。

それを知ってから思い返せば、アビーがレイヴンの痛みが消えたことに戸惑っている時、いろいろあったから希望が目の前にあっても気づかないのかもと言っていました。

あれの時ジャクソンが言っていた希望はチップのことだったみたいですね。

アリーとジャハは、というよりアリーは、光の街に人々を集めて何をしようとしているのでしょう?



レイヴンは痛みが消えたことですっかりジャハとアリーを信頼したようです。

ジャハたちがアークのメインフレームにアリーのバージョン2があると聞かされたとき、特に深く聞かずにアリーを接続しました。

以前ならきっと調べたはず。

レイヴンもジャハのように痛み以外を取り除かれてしまったのでしょうか?

あるいは、アリーはある程度感情をコントロールできるのかもしれません。

もしそうなら、アリーが地球を壊滅させた兵器だと知っても裏切らないと思いますが、マーフィーのことがあるからジャハは慎重に行動するようです。

まあいずれ判明することですから、その時の反応でチップのことが分かるでしょう。



グラウンダーに捕まったマーフィーはどこに運ばれたのかと思ったら、タイタスのもとに連行されたみたいですね。

でもタイタスはそのことをレクサに報告していない様子です。

マーフィーを拷問してクラークのことを聞き出し、マーフィーが持っていたチップについても話すよう迫っていました。

タイタスはあのチップについてどれだけ知っているのでしょう?



バージョン2にアップグレードを図ったアリーでしたが、叶いませんでした。

アークステーションは12個とされていましたが、13個目が存在していたとジャハ。

記録には13番目の存在は消されているようです。

なぜでしょう?

そしてどうやらその13番目は首都ポリスの総帥や対しが暮らすタワーに置かれているようです。

13番目のステーションの名前は『プラリス』ですが、タワーに置かれているステーションの残骸は文字が一部消えて『ポリス』と読めます。

だから首都はポリスなのでしょうか?

タイタスは何者なのでしょう?



処刑されずに追放が決定したエマーソンは涙を流していましたが、あの涙の意味は何でしょう?

オクタヴィアは再びグランダーに捕まってしまいましたが、どうなるのでしょう?

再び仲間を失ったベラミーは、それでもパイクを信じてケインを監視するようですが、もう以前のベラミーには戻らないのでしょうか?

登場人物が多くてあっちこっちで騒動が起こるから頭が混乱しそうです。

以上です。

関連記事
the100シーズン3第6話「奇跡の鍵」のネタバレジャハは勢力拡大中
the100シーズン3第7話「ポラリス」の視聴感想
the100シーズン1のネタバレ
the100シーズン3のネタバレ
the 100 アリーの人物紹介





スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。